【タント/ダイハツ】値引き額はいくら?初心者必見の交渉術!相場表と限界価格をレポート!

【タント/ダイハツ】値引き額はいくら?初心者必見の交渉術!相場表と限界価格をレポート!

この記事では、タントをオトクに購入できる方法をまとめています。

・値引き価格の相場
・値引き交渉術&注意点
・購入資金を増やす方法【おすすめ!】

また、値引き交渉をする上で、気を付けるべき注意点も書いています。

ただし、いくら値引きに成功しても、
手元に資金がなければ、タントを買うことはできませんよね?

購入資金が足りないからといって、大きなローンを組むのも、少し気が引けてしまいます。

さらに、もし今乗っている車があるなら、
それを相場より高く売ることで、タントの購入資金をゲット
できます。

無料のネット一括査定サービスを使えば、
「買取価格が数十万円アップした」なんて事例も♪

予想より大きな資金が入ってくるので、
「タントが欲しい!」
「でも手元には資金があまりない…」
という方には、特におすすめです♪

・値引き額のアップ
・下取り価格のアップ
両方をうまく活用して、タントを賢くゲットしてくださいね。

愛車を高く売って
タントの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

 

愛車を高く売って
タントの購入資金に!
おすすめ一括査定はこちら

タントの値引き額の価格相場表【2021年1月最新】

タントの値引き額の価格相場表【2021年1月最新】

タントの値引き額の価格相場表を紹介してみます。

タント(X)5万円
タント(Xターボ)5~30万円
タント(Xターボ)0~10万円
タントカスタム(RSセレクション)5~10万円
タントカスタム(RSセレクション)10万円
タントカスタム(RSセレクション)0円
タントカスタム(RSセレクション)5~20万円
タントカスタム(RS 4WD)5万円
タントカスタム(RS)0円
タントカスタム(RS)10~15万円

出典:タント値引き情報

出典:タント カスタム値引き情報

タントはカスタムの最上級グレードでも約197万円の車ですので、車両本体からの値引きはあまり期待できません。

一部に高額の値引きを引き出しているケースもありますが、メーカーオプションやフロアマットやナビなどの付属品を含めて、総額で10万円程度の値引きが一般的のようです。

愛車を高く売って
タントの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

タントの値引き交渉術(新車購入で損をしないテクニック)

タントの値引き交渉術(新車購入で損をしないテクニック)

ここでは、タントの値引き交渉術を紹介します。

具体的な値引きテクニックをいくつか紹介しますので、
これらを組み合わせて、少しでも安く購入できるように交渉してみましょう。

コツ1:ライバル車種と競合させる

ライバル車種と競合させるのは最もポピュラーな交渉術です。

1回目の交渉では試乗をして見積書を作成してもらい、
具体的な値引き額には言及せず、「値引きはしてくれますよね?」程度にしておきます。

しかし、セールスマンには、「本気でタントの購入を考えている」という印象を抱かせるようにしましょう。

そして2回目以降は本格的に交渉を行いますが、
ここでは具体的なライバル車種をあげて、これらを競合させます。

スーパーハイトワゴンであるタントのライバルは、以下です。

  • スズキ・スペーシア
  • ホンダ・N-BOX
  • 日産・ルークス
  • 三菱・ekスペース

そこで、「タントはとても良い車ですが、スペーシアやN-BOXも魅力的です。なので、今回は最も安い車種を購入しようと思っています。」などと営業マンに話してみましょう。

ライバル車種もタントと同様、車両本体からの値引きはほとんどできませんので、オプションや付属品からの値引きがメインになります。

そこで、「N-BOXはフロアマットをサービスしてくれたとか、ナビを○○万円値引きしてくれた」と攻めると効果的です。

また、こうしたテクニックは交渉の終盤で切り出すとさらに効果的です。

営業マンが「もう一押しで契約が取れる」と思っているタイミングで、ライバル車との比較の話をすると、
契約を取るために、さらなる値引きを引き出すことができます。

軽自動車のエクステリアデザインはそれぞれ個性的ですが、
規格が同じですので、全長と全幅、排気量などはすべて同じで、全高が車種によって若干異なる程度です。

つまり性能の差はあまりありませんので、最も安い車種を購入するという人はたくさんいます。

営業マンも他社よりオプションや装備品をサービスしたり値引きなどで、契約を取ろうとします。

コツ2:総額で攻める(付属品・ローンなどを含めて値引き)

付属品・ローンなどを含めた「総額で攻める」のもおすすめのテクニックです。

ほとんどの人が車両本体だけではなく、ナビやフロアマットなどのオプション(付属品)を装着します。

そこで、こうしたオプションを装着した上で「総額で○○万円に収めたいんです!」などと交渉してみましょう。

あるいはもう間もなく契約というタイミングで、「○○をサービスしてくれたら今すぐ契約する」など攻めるのも効果的です。

特に、軽自動車の場合は車両価格が安いため、
本体価格からの値引きはあまり望めませんので、オプションとセットでの交渉は有効です。

またローンで購入する場合、「月々の返済額を○○万円以内に収めたいんです!」などと話してみるのも有効です。

契約者がローンを組むと、ディーラーには信販会社から手数料が入ってくるので、セールスマンも、なんとか予算内に収まるように調整してくれます。

このため、現金一括払いよりもローンの方が値引きを引き出しやすいというケースもあります。

コツ3:若手の売れてなさそうなセールスマンを選ぶ

若手の売れてなさそうなセールスマンを選ぶというのも、値引きを引き出すコツの一つです。

ディーラーのセールスマンは歩合制ですので、契約を取らないと収入は増えません。

ベテランの営業マンなら、固定客やその紹介の新規顧客がたくさんついていますので、顧客管理をしっかりしていれば、自然と契約が取れるといわれています。

一方、若手のセールスマンはこうした固定客が少ないため、契約を取るのがかなり大変だといわれています。

そこで、こうした若手の売れてなさそうなセールスマンを選ぶと、契約を取るために頑張って上司と交渉してくれますので、値引きが引き出せる可能性が高くなります。

コツ4:今乗っている車の買取相場を把握しておく

今乗っている車の買取相場を把握しておくのは、最も重要なテクニックです。

新車に乗り換える際には、多くの人がディーラーでの下取りに出しますが、
その前に、まず買取店で査定をしてもらいましょう。

専門の買取店での査定額は、ディーラーの下取り額より高くなるケースがほとんどです。

具体的には、ネットの無料一括査定サイトを使えば、
1回の入力で、数十社の買取店の査定額を知ることができるので、おおよその買取相場を把握できます。

愛車を高く売って
タントの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

タントの購入資金を作る方法【必見!】

タントの購入資金を作る方法【必見!】

ここでは、タントの購入資金を作る方法を紹介します。

「タントが欲しい…」
「でも、購入資金が足りない…」
と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで、値引き額をアップできるように頑張るのですが、
高額の値引きを行うとメーカーの利益は減少するため、
値引き額を増やすには限度があります。

そこで、現在乗っている車を高い値段で売却して、
タントの購入資金に充てる方法がおすすめです。

ここで1点注意ですが、
実は買取店によって査定方法が違うため、
買取店ごとに査定額は大きく変わります。

(以下、イメージです)

買取業者買取価格
買取業者Aバツ30万円
買取業者B二重丸
60万円
買取業者Cバツ45万円
ディーラー下取りバツ15万円

このように、
値引き額は数万円の差しかありませんが、
買取価格は数十万円の差が生まれます!

こうすれば、数十万円分のタント購入資金を追加でゲットできる可能性があります。

タントの車両価格の値引きが少ない場合でも、
買取価格を上げると、結果的に安くタントが買えるのでおすすめです。

そのため、1回の入力で、数十社の業者の買取価格を比較できる、ネットの無料一括査定サービスがおすすめです。

無料一括査定の入力時間は約1分程度で、買い取りを行っている会社の査定価格を一覧で見ることができます。

最終的にディーラーで下取りをする場合も、
買取価格を見せて交渉することで、買取価格をアップできる可能性があります。

タントの値引き価格の相場は10万前後ですが、
買い取りを含めると、100万円以上の値引きが叶う場合もあります。

現在の車を売りたいという場合は、ディーラーでの下取りを利用するよりも、買い取りを利用する方がお得です。

愛車を高く売って
タントの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

タントの購入に役立つ!無料一括査定を利用した人の口コミ・評判

タントの購入に役立つ!無料一括査定を利用した人の口コミ・評判

無料一括査定を利用した人の口コミ・評判を紹介してみます。

同じ車種でも買取店によって査定額が異なりますので、最低でも2店舗の査定を受けることが重要です。

ディーラーでの下取りよりも買取店の査定額の方が良いことが多いため、一括査定サイトに登録して査定を受ける方がお得ということです。

買取店は対応のスピードがとても早いのが特徴なので便利ですね。

買取専門店の査定員は安い査定額を提示して、不当に安く買いたたくのではないかというイメージがありますが、そんなことはなく誠実に営業を行っています。

特に全国展開している業者は、顧客をだますようなことはまずしないと考えて問題ありません。

やはり買取店によって査定額は大きく異なるようです。

今まで出張査定を敬遠していても、その便利さと思わぬ高値の提示で考えを変えるという人も多いようです。

愛車を高く売って
タントの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

タントの購入資金をゲット!【無料一括査定サービスおすすめランキング】

タントの購入資金を作るために!【無料一括査定サービスおすすめランキング】

ここでは、タントの購入資金を作る”ために、おすすめの無料一括査定サービスをご紹介します。

「愛車を高く売れば、それだけタントの購入資金が増えるのはわかった!」
「でも具体的に、どの一括査定サービスを使えば良いの?」

という方におすすめです!

それぞれにサービスの特徴がありますので、自分に合ったサイトを選んでみてください。

おすすめの無料一括査定サービスを比較!

(※横にスクロールできます→)

順位サービス名利用料提携業者数同時査定依頼数業者選択入力の時間電話の多さ
1位
カーセンサー.net
二重丸無料二重丸1,000社以上二重丸30社二重丸可能
三角約60秒
三角多い
メールでの取引も可
2位
カービュー
二重丸無料二重丸230社以上三角8社二重丸可能二重丸約45秒バツ多い
3位
ナビクル車査定
二重丸無料三角50社以上三角10社バツ不可能二重丸約45秒バツ多い
4位
査定比較.com
二重丸無料二重丸290社以上三角10社バツ不可能二重丸約30秒バツ多い
5位
ズバット車買取比較.com
二重丸無料二重丸290社以上三角10社二重丸可能二重丸約30秒バツ多い
6位
楽天Car(楽天カーサービス)
二重丸無料二重丸100社三角10社バツ不可能三角約90秒バツ多い
7位
一括査定.com
二重丸無料二重丸230社以上三角8社バツ不可能二重丸約40秒バツ多い

(※横にスクロールできます→)

さらに買取価格を引き上げるコツとして、
ランキング上位のサービスを複数利用するのもおすすめです!

一括査定サービスの違いを比較しました。

ここからは、1つ1つのサービスを詳しく見ていきます。

1位:カーセンサー.net

提携業者数1,000社以上!
高額査定の期待大の一括査定サービス
車の買取価格5.0
多くの買取店が競合するため、高額査定が見込める
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード5.0
申込みから最短で数分後に連絡がくる
提携査定会社数4.0
1,000社以上
最大査定数4.0
最大30社
メールのみの連絡5.0
メールのみの取引も希望可

カーセンサー.netは、無料一括査定サービスでは知名度が特に高いサイトです。

・リクナビ
・タウンワーク
・じゃらん
・ホットペッパー
・ゼクシィ
などのサービスで有名な「リクルートホールディングス」が運営しています。

無料一括査定サービスを利用するなら、ここは外せません!

提携している車買取業者の数は、一括査定サービスでは業界最大級の1,000社以上。

さらに、大手やJADRI加盟店も多数含まれるので、信頼性は抜群です。

最大30社の同時査定が可能で、これは業界でも圧倒的な数を誇ります。

査定を依頼したい業者が選べるのも、カーセンサー.netのおすすめポイントです。

カーセンサーの画面上で、買取会社との連絡方法を「メールのみ希望」に設定することもできます。

  • 提携業者や同時査定数が業界トップクラスで、高額買取が期待できる
  • 運営は上場企業のリクルート、提携先は優良業者ばかりで安心
  • メールでの取引が可能で、営業電話を減らせる

カーセンサーはこちら

 

2位:carview(カービュー)

平均16万円アップ!
大手買取店との提携が多い一括査定サービス
車の買取価格4.0
ディーラーの下取りより平均16万円高い
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
24時間以内にcarviewからメールが届き、2営業日以内に各査定会社から連絡がくる
提携査定会社数3.0
230社以上
最大査定数3.0
最大8社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

「carview(カービュー)」は日本最大級のクルマ情報サイトです。

車の買取トラブルに対応する「一般社団法人日本自動車購入協会」の監修を受けているので、信頼性も高いので安心ですね。

システムは使いやすさと分かりやすさを重視しており、初心者でも簡単にサービスが利用できると評判です。

・ガリバー
・ビッグモーター
・カーセブン
・オートバックス
・アップル
・ラビット
といった、大手買取店と多く提携しているのも、carviewの特徴です。

carviewが行う無料一括査定サービスは、450万人超えの利用実績があります。

  • 一般社団法人日本自動車購入協会の監修サイトで安心
  • 多くの大手買取店と提携しているので、信頼性が高い
  • 商用車や修復歴ありの車も高価で買い取ってくれる

カービューはこちら

 

3位:ナビクル車査定

優良買取店が揃う!年間35万人が利用する一括査定サービス
車の買取価格4.0
下取りから平均17万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア4.0
全国に対応
※一部地方は対象外
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数1.0
50社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

ナビクル車査定は、年間35万人が利用する無料一括査定サービスです。

運営しているのは、上場企業「エイチーム」の子会社である「エイチームライフスタイル」です。

ナビクル車査定では、一括査定の申し込み後、
全国の査定データから算出した、愛車の最新の買取価格(概算)をWeb上ですぐに見ることができます。

業者数は50社と少なめですが、これは優良買取店だけに絞って提携しているからです。

提携業者の中には、JPUC認定の適正買取店も含まれるので、悪質な業者にあたる心配は低いです。

  • 申し込み後、車の買取相場がすぐわかる
  • 多くの大手買取店と提携しているので、信頼性が高い
  • 商用車や修復歴ありの車も高価で買い取ってくれる

ナビクル車査定はこちら

 

4位:査定比較.com

80%が査定士の対応に満足している一括査定サービス
車の買取価格3.0
サービス利用者の7割が、平均で23.2万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数3.5
290社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

査定比較.comには、「車買取のノウハウ」や「高額売却のコツ」などのコンテンツがありません。

つまり、一括査定に特化したサイトなのです。

システムはシンプルで使いやすいと評判で、利用者の累計は200万人を突破しています。

査定比較.comは、後ほど紹介するズバット車買取比較.comと同じ「ウェブクルー」が運営しています。

提携業者は、JADRI加盟店を含む大手から、地域密着型の中小買取会社まで様々です。

査定士の対応の良さに満足している利用者が多いのも、サービスのポイントですね。

  • システムが分かりやすく、初心者でも簡単に利用できる
  • 提携業者には、JADRI加盟店も入っているので安心
  • 査定士の対応や査定額に満足しているユーザーが多い

査定比較.comはこちら

 

5位:ズバット車買取比較.com

75万台の取引データから相場を分析する一括査定サービス
車の買取価格3.0
利用者の7割が、下取りから平均23.2万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数3.5
290社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

ズバット車買取比較.comは、累計利用者数200万人越えの実績を持つ、一括査定サービスです。

運営会社は「ウェブクルー」です。

同じ運営会社の査定比較.comと違い、「車買取の基本」や「高額売却のコツ」など、参考になるコンテンツが満載です。

さらに、
「サービスの利用方法が分からない」
「買取業者からの営業電話を止めてほしい」
といった、疑問や要望に応えてくれるカスタマーサポートもあります。

ズバット車買取比較.comなら、数か月先の買取相場(概算)も分かるため、売却のタイミングを判断しやすいのもポイントです。

  • 申し込み前に平均査定相場が分かる
  • 査定時だけでなく、6か月後の買取相場も分かる
  • 電話サポートがあるので、初心者でも安心

ズバット車買取比較.comはこちら

 

6位:楽天Carサービス

楽天スーパーポイントがもらえる一括査定サービス
車の買取価格3.0
下取りより査定額がアップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード5.0
申し込みから最短で数分後に連絡がくる
提携査定会社数2.0
100社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

楽天Carの一括査定サービスは、楽天Carオークションと同じ、「楽天株式会社」が運営する一括査定サービスです。

サービスは無料で利用でき、100社以上の業者の中から最大10社に同時査定してもらえます。

提携業者には、JADRI加盟店や大手買取店も多く含まれるので、トラブルのリスクも少ないです。

  • 完全無料でサービスを利用できる
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 上場企業の楽天が運営するサービスで信頼度が高い

楽天Carサービスはこちら

 

7位:一括査定.com

日本自動車流通研究会(JADRI)が運営する安心の一括査定サービス
車の買取価格4.0
各買取社が高額査定を出してくれる
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード3.5
申し込み後48時間以内に査定結果がわかる
提携査定会社数3.0
200社以上
最大査定数3.5
最大8社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメール連絡がくる

一括査定.comは、株式会社メディア4uが運営する車一括査定サイトです。

安心して利用できる車査定サイトであるために、「社団法人 日本自動車購入協会(通称:JPUC)」と提携。

実際の車買取現場で発生するトラブル等の監視に努めています。

万が一トラブルが発生した時も、JPUC車売却消費者相談室が対応してくれ、サポート体制も充実しています。

それもあり、一括査定.comは利用者累計数400万人超え&年間5,000台の実績を誇ります。

公式サイトでは、車種やグレードごとの査定相場の情報も公開しているので、査定前に参考にするのもおすすめです。

  • 愛車の相場がすぐに分かる
  • 利用実績も多く、信頼性が高い
  • トラブルにはJPUC(日本自動車購入協会)が対応してくれる

一括査定.comはこちら

 

1番おすすめの車一括見積もりサービスはどこ?

おすすめの無料一括査定サービスは、ランキング1位の「カーセンサー.net」です。

査定の申し込み手続きも簡単なので、初めて一括査定サービスを利用する人でも安心

なんと最大30社の同時査定が可能なので、高額買取の期待大です。

提携業者は大手からローカル企業まで幅広く、近場の買取店が見つかりやすいのも魅力です。

また、提携業者にはJADRI加盟の優良買取店も含まれるため、トラブルのリスクも少なく、安心して査定を依頼できます。

メールのみでの取引も希望できるので、他の車査定サイトよりも、初めての利用でもハードルが低いことが特徴です。

運営しているのは、上場企業のリクルートなので、安心して利用することができます。

公式サイトには、査定依頼が多い車の月・週・日別ランキングに加え、査定の基礎知識や高額査定のテクニックなど、参考になる情報も掲載されています。

ランキング1位
カーセンサーはこちら

もくじに戻る▲

タントの購入資金作りに最適!無料一括査定を利用するメリット

タントの購入資金作りに最適!無料一括査定を利用するメリット

タントの購入資金作りに最適!無料一括査定を利用するメリットについて、詳しく紹介します。

出張査定の時間がスピーディー(15分~1時間程度)

出張査定の時間がスピーディーなのは大変ありがたい点です。

一括査定サイトには、車の車種や年式、グレード、ボディカラー、オプション、走行距離、事故歴の有無など、基本的な情報を登録します。

買取店はこの情報を見ておおよその査定額を算出しますので、出張査定の際には、それらの情報が正しいのか?などが確認されます。

そのほかには、細かな傷の有無やエンジンの調子などが確認されますが、査定にはあまり時間はかかりません。

全国に出張し、手数料も不要

買取店は全国展開している会社もたくさんあり、こうしたお店は全国をカバーしていますので、ほとんどの地域に出張査定してくれるというメリットがあります。

もちろん、無料で出張査定してくれる会社がほとんどですし、書類などの代行手数料も無料です。

一度の情報入力で複数の見積もりが手に入り、手間が省ける

一度の情報入力で複数の見積もりが手に入り、手間が省けるのはとてもありがたいサービスです。

数十社の買取店が、おおよその査定額を教えてくれ、出張査定まで行ってくれます。

このため、ユーザーが複数の買取店を1つ1つ訪問して査定を受けるという必要がありませんので、ユーザーにとってはとても楽なサービスです。

愛車を高く売って
タントの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

タントの購入資金をゲット!愛車売却の流れ・必要なもの

タントの購入資金をゲット!愛車売却の流れ・必要なもの

車買取までの流れと必要なものについて紹介します。

買取までの流れ

買取までの流れは、以下です。

無料一括査定サイトに登録→出張査定→売買契約書を交わす→車の引取・入金

まずは無料一括査定サイトで自分の車の情報を登録します。

登録の内容は、
車種、年式、ボディカラー、走行距離、オプション、事故歴、電話番号、住所などがありますが、だいたい数分で終了します。

登録が完了すると、そのサイトが提携している買取店に情報が一斉に送信され、買取店からから連絡があります。

買取店は登録された情報からおおよその査定額を算出して、顧客に査定額が伝えられます。

ここで伝えられる査定額は、買取店によって査定額は異なり、数十万円の差が出ることもあります。

ここで、あまりにも提示された査定額が安い買取店は、この時点で断っても特に問題はありません。

次は、買取店の担当者が自宅などにやってきて査定が行われますが、担当者は車についてのおおよその情報を知っていますので、査定は比較的短時間で終了します。

査定が終わると正式な査定額が伝えられますが、ここで契約はせず、一通りの買取店の査定を受けましょう。

その中から最も高い査定額を提示したお店に売却したり、買取店同士を競争させて、さらなる上乗せを狙うこともできます。

そして、売却するお店を決めたら、売買契約書を交わして車が引き取られ、代金が入金され、手続きは終了となります。

必要なもの(必要書類一覧)

車を売る際に必要なものを紹介しますので、あらかじめ揃えておきましょう。

  • 車検証
  • 自動車税納税証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書(軽自動車は不要)
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券
  • 住民票(軽自動車のみ)

※いくつもありますが、車検証と一緒に車の中に置いてあることがほとんどです。

査定を受ける前に書類を確認して、紛失している場合は再交付を受け、すぐに売却できるようにしておきましょう。

また委任状と譲渡証明書も必要ですが、これは買取店が用意してくれます。

また、それ以外の書類についても、買取店が代理で再発行してくれることもあります。

愛車を高く売って
タントの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

タントの値引きの注意点

タントの値引きの注意点

タントの値引きの注意点について詳しく紹介します。

タントに限らず購入時期による値引き価格の差は少ない

タントに限らず、購入時期による値引き価格の差は少ない、ということはほとんどの人が知りません。

一般的には「3・9月の決算期やボーナスが出る時期は、値引き額が拡大する」と考えられています。

しかし、これはあまり正しくなく、時期による値引き額の変動はあまりありません。

実はこれは、値引き額を増やすときには、下取り額を減らして調整しているのです。

例えば、Aという価格が300万円の車を購入して、Bという買取相場が100万円の車を下取りに出すとします。

3月に購入すると営業マンは「決算時期ですので頑張って、値引き40万円・下取り80万円で、支払い額は180万円でいかがでしょうか?」というセールストークで、営業攻勢をかけてきます。

一方、5月に購入すると営業マンは「値引き20万円・下取り100万円で、支払い額は180万円でいかがでしょうか?」とセールスしてきます。

決算期に契約すると、お客さんは「やっぱり決算期だから安く乗り換えられた」と思いますが、
値引きを上乗せする分、下取り額を減らされているのです。

「決算期だから安く購入できた」と思わせておいて、実はそんなことは全くなく、いつ購入してもトータルの金額はあまり変わりません。

通常の時期に購入すると、値引き額は少ないですが、下取り額が高いので、支払い額は3月も5月も同じという事になります。

実は、ディーラーではこのテクニックはよく使われていますので、だまされている人も結構多いでしょう。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれるケースが多い!

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれるケースが多いというのは本当で、ほとんどの場合、買取店の方が高く売却できます。

理由は簡単で、ディーラーには競争相手がいないからです。

ディーラーでの下取りの場合、セールスマンが面倒な手続きを全部行ってくれることもあり、買取店での売却は書類の手続きなどが面倒だと思われがちです。

このため、多くの人が下取りを選ぶため、
ディーラーでの下取り価格は、買取店に比べると、どうしても安くなってしまう傾向があります。

下取りではなく買取業者の一括査定を利用(タントの新車値引きと同じ効果!)

ディーラーでの下取りは、買取店の査定額に比べると安くなるケースがほとんどなので、大きく損をしてしまいます。

そのため、買取業者の一括査定を利用するのは必須といえます。

また買取業者でも査定額は異なり、車種によっては数十万円の開きが出てしまうことがあります。

そこで、一括査定サイトを使って複数の買取業者の査定を受け、最も高い査定額を提示した業者に売却しましょう。

特に、軽自動車は新車価格があまり高くはないため、
高値で売却することによって、新車値引きと同じ効果を狙うことが大事です。

愛車を高く売って
タントの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

タントとは(特徴・どんな車)

タントとは(特徴・どんな車)

タントとは、ダイハツの軽スーパーハイトワゴンで、現行型の4代目は2019年6月にデビューしました。

初代は2002年にデビューしましたが、
人気車種となり、各社が同じようなモデルを発売したので、
スーパーハイトワゴンというジャンルの先駆け的存在となりました。

ちなみに、厳密に定義はされてはいませんが、
スーパーハイトワゴンは全高が1,700mmを超える車種のことを指しており、
タントは1,755mm(4WD:1,775mm)となっています。

タントとは?特徴・どんな車?

タントは全高が1,700mm以上で、広々とした開放的な車内と、多彩なシートアレンジが特徴です。

また、優れたユーティリティ性能を持っています。

その中でもタントの最大の特徴といえるのが「ミラクルオープンドア」で、通常前後ドアの間に設置されているピラーがドアに内蔵されています。

このため、開口部が大変広く乗り降りも容易で、ベビーカーなど大きな荷物もらくらく乗せることができます。

出典:タント(ダイハツ公式サイト)

さらに、フロントシートのスライド幅が大きいこともタントの特徴で、運転席から助手席や、フロントシートとリヤシートの移動を容易にすることができます。

小さなお子さんがいるユーザーには、このアイテムは大変便利だと思います。

出典:タント(ダイハツ公式サイト)

小さなお子さんがいるユーザー目線に立ち、徹底的に使いやすさを考えて設計されたのがタントだといえます。

タントの実燃費は?

タントの実燃費はどのくらいなのか、自然吸気エンジン・2WDの実燃費を紹介します。

走行シーン燃費
高速道路中心25.6km/L
郊外・幹線道路25.1km/L
市街地20.2km/L

出典:ダイハツ 新型タント(NA)実燃費レポート

ちなみにカタログ燃費では、以下となっています。

WLTCモード:21.2km/L
市街地モード:18.4km/L
郊外モード:22.8km/L
高速道路モード:21.6km/L

道路事情などによっても変わってきますが、驚くべき事に、実燃費の方がカタログ燃費以上であることが分かります。

これを考えると、タントはとても経済的なモデルであるといえます。

新車のタントの納期は?

タントの納期は、1~3ヶ月です。

納期はグレードやボディカラーによって変わりますので、ディーラーで確認してみてください。

タントのグレードの違い、おすすめのグレードは?

タントのグレードの違い、おすすめのグレードについて紹介します。

タントには自然吸気エンジンのベーシックなL(スマートアシスト非装着車)・L、上級グレードのX”スペシャル”・X・X”セレクション”が用意されています。

またターボエンジンはXターボ、Xターボ“セレクション”の2種類が設定されており、自然吸気・ターボともそれぞれに2WD・4WDが用意されています。

価格は
自然吸気グレードで1,243,000~1,617,000円
ターボグレードで1,589,500~1,765,500円
となっています。

Lは電動格納ドアミラーとスライドドアイージークローザーが省略されており、シートもセパレートタイプとなります。

一方、Xはベンチシートです。

おすすめのグレードは、360°スーパーUV&IRカットガラスが標準装備されているX“セレクション”です。

タントは窓の面積が大きいため、スーパーUV&IRカットガラスは魅力的なアイテムです。

タントのカラーバリエーションは?

タントのカラーバリエーションは9色です。

そのうち、シャイニングホワイトパールとレーザーブルークリスタルシャインは、オプション(27,500円)となっています。

日本では無難なボディカラーが人気で、ほとんどの車種でブラック系とホワイト系に人気がありますが、これはタントにも当てはまります。

ですので、数年後により高値での売却が期待できる、シャイニングホワイトパールやホワイト、ブラックマイカメタリックが人気です。

特にオプションのシャイニングホワイトパールはおすすめです。

タントの安全装備・システムは?

タントの安全装備は、スマートアシストシステムが搭載されています。

・踏み間違いを防止するブレーキ制御付誤発進抑制機能
・オートハイビーム
などが一部のグレードを除いて標準装備となっており、普通車並みの装備が装着されています。

また一部のグレードにはアダプティブクルーズコントロールやレーンキープコントロールなどをオプションで装着することもできます。

タントの新型は機械式の立体駐車場に入る?

タントの新型は機械式の立体駐車場に入るのか気になりますが、残念ながら入りません。

多くの機械式立体駐車場は全高が1,550mmに制限されていますが、タントは2WDで1,755mm、4WDで1,775mmとなっています。

タントのおすすめオプションは?

タントのおすすめオプションは、スマートパノラマパーキングパックです。

・スマートパノラマパーキングアシスト
・6.2インチディスプレイオーディ
・ステアリングスイッチ
・フロント・サイド・バックカメラ
・リヤスピーカー
などがセットになったオプションで、価格は71,500円となっています。

タントのメリット・デメリット

タントのメリットは、ミラクルオープンドアが装着されている点です。

ミラクルオープンドアによって左側の開口部が大きくなりますので、乗り降りや大きな荷物の出し入れがとても楽です。

またこうした構造を採用しているのはタントのみですので、とても魅力的な装備です。

一方、ハイブリッドが装着されていないのはデメリットです。

ekクロスやスペーシアには、マイルドハイブリッドが装着されている事を考えると、燃費面では若干不利だといえます。

愛車を高く売って
タントの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

タントの購入資金をゲット!手持ちの廃車/事故車/不動車の売却におすすめ査定サービスは?

タントの購入資金をゲット!手持ちの廃車/事故車/不動車の売却におすすめ査定サービスは?

ここからは、廃車/事故車/不動車の売却におすすめ査定サービスをご紹介します。

車は持っているけど、

「廃車だから…」
「事故車だから…」
「動かない車だから…」

なんて諦めていませんか?

実は、「廃車/事故車/不動車」を対象とした買取査定サービスがあるんです。

実際に査定してもらうと、予想以上の金額で買い取ってくれた事例もたくさんありますよ!

ここでは、おすすめの査定サービスをランキング形式でご紹介します。

それぞれに特徴があるので、自分に合ったサービスを選んでみてください。

おすすめの廃車OK査定サービスを比較!

(※横にスクロールできます→)

順位サービス名利用料入力の時間電話の多さその他(提携業者)
1位
カーネクスト
二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)サービス運営のため、
1,000社以上の自動車関連業者と提携
2位
廃車本舗
二重丸無料二重丸約10秒二重丸少ない(1社のみ)販路として海外輸出事業と連携
3位廃車ラボ二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)全国に協力会社や提携会社が多数
4位
廃車買取.com
二重丸無料二重丸約25秒二重丸少ない(1社のみ)販路として海外業者と提携
5位
ハイシャル
二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)販路や運営のため、
全国1000社以上の専門業者と提携

(※横にスクロールできます→)

比較しても迷ってしまいますが、
1位のカーネクストは、
・買取価格が高い
・廃車手続きや引き取りの費用が無料
・コールセンターの評判が高い
などの理由から、おすすめ度1位となっています。
※迷ったら、複数のサービスに依頼してみるのもアリ!
※買取価格がさらに上がるかも!

ここからは、1つ1つのサービスを詳しく見ていきます。

1位:カーネクスト

どんな車も原則0円以上の値がつく!廃車買取サービス
車の買取価格5.0
どんな車でも0円以上で買い取ってもらえる
手間(電話査定可)4.5
専用フォームか電話で申し込み
対応スピード5.0
書類があれば契約にも即対応
提携査定会社数
※全国引取りを可能にするため、1000社以上の業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、カーネクストと電話でやり取り

カーネクストは、他店で値段がつかない車も、原則0円以上で買い取ってくれる廃車買取サービスです。

査定依頼は24時間WEB受付中で、20秒の簡単入力で見積りを出してもらえます。

また、車の買取額とは別に、還付金が返ってくるのもポイントです。

面倒な廃車手続きや自動車税の還付手続きは、カーネクストの専門スタッフが無料で代行してくれます。

カーネクストは全国の専門業者と連携しているので、どこでも希望の場所まで車を引き取りに来てくれて、レッカー代も無料です。

サポートも充実しており、専門スタッフが年中無休で対応してくれますよ。

  • 原則0円以上の買取保証
  • 買取額の他に還付金も受け取れる
  • 廃車手続きでは、必要書類を揃えるだけでOK

カーネクストはこちら

 

2位:廃車本舗

リサイクル工場&海外への販売ルート保有で、高額買取が期待できる!
車の買取価格4.0
他社で0円査定だった車にも買値がつく
手間(電話査定可)4.5
専用フォームまたは電話で申し込み
対応スピード4.0
当日または翌日に査定金額を回答
提携査定会社数
※販路として海外輸出事業と連携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車本舗と電話でやり取り

廃車本舗は、事故車、不動車、ボロボロの車、エンジンがかからない車でも、高値で買い取ってくれる廃車買取サービスです。

高額買取が実現する理由は、
国内3ヵ所に自社のリサイクル工場があり、さらにアジア圏を中心に海外への販売ルートを持っているからです。

廃車本舗は自動車リサイクルシステム登録業者なので、適正な廃車処理を行ってくれ、非常に信頼できます。

査定依頼は専用フォームから簡単にでき、情報入力も10秒ほどで済みます。

廃車手続きの代行や車の引取り(レッカー代含む)も、すべて無料。

専門のスタッフが一貫してサポートしてくれるので、初心者でも安心ですよ。

  • 自社の解体工場と海外への販路があるため、高価買取が実現
  • 面倒で複雑な廃車手続きも無料で代行
  • 自動車リサイクルシステム登録業者&手厚いサポートで安心

廃車本舗はこちら

 

3位:廃車ラボ

買取と廃車の2通りから査定してくれる!
車の買取価格3.5
どんな車も引き取ってくれる
手間(電話査定可)4.0
メール・電話・FAXでの問い合わせ
対応スピード3.0
引取りは連絡から3営業日以降
提携査定会社数-(非公開)
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開))
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車ラボと電話でやり取り

廃車ラボは、放置車・不動車・カギなし車・事故車といった、どんな車も引き取ってくれる廃車買取サービスです。

そして、買取と廃車の2通りから査定を行い、より高値で売れるほうを提案してくれるのが特徴です。

ちなみに、
買取は車両の価値から算出し、
廃車は車両(鉄や部品)と還付金(重量税・自賠責保険・自動車税)の価値から算出します。

サービスは完全無料で利用でき、査定依頼はメールまたは電話から、24時間・年中無休で受け付けています。

廃車手続きは、書類の準備と当日の立会いだけでOKです。

公式サイトには、廃車に関する豆知識がたくさん載っており、とても参考になりますよ。

  • 廃車と買取の2通りから査定
  • 廃車手続きは、必要書類の準備と当日立会いだけ
  • サイトには廃車のノウハウが満載

廃車ラボはこちら

 

4位:廃車買取.com

事故車や故障車など、多くの買取実績あり!
車の買取価格3.0
0円以上保証で、高値がつく場合も
手間(電話査定可)4.5
専用フォームから申込み
対応スピード4.0
最短で翌日引き取り
提携査定会社数
※販路として海外業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車買取.comと電話でやり取り

廃車買取.comなら、20年前の車や車検切れの車でも高値がつく場合があり、還付金も返ってきます。

古い車を高値で買い取ってくれる理由は、
全国50箇所に自社の廃車工場があり、海外の業者にパーツやメタル資源として販売しているからです。

廃車買取.comなら、廃車に出すか決まっていなくても、査定だけお願いできます。

公的な資格を持つ査定士が車の価値をしっかり見極め、適正価格を出してくれるのもポイントです。

全国への出張引取り手数料・不動車や事故車のレッカー代・解体費・手続き代行費などは、全て無料です。

さらに、当日の立ち会いができなくても引き取り可能なので、忙しい人でも利用しやすいですね。

  • 低年式や多走行の車、事故車や故障車など、高額買取実績あり
  • 廃車が決まっていなくても、査定依頼してOK
  • 当日立ち合いができなくても、引き取り可能

廃車買取.comはこちら

 

5位:ハイシャル

査定のみOK&無理な営業電話なしの廃車買取サービス!
車の買取価格4.0
どんな車も0円以上で買取保証
手間(電話査定可)4.5
専用フォーム・電話・LINEで申込み
対応スピード4.0
最短で翌日の引き取り
提携査定会社数
販路や運営のため、全国1000社以上の専門業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
電話またはメールで、ハイシャルとやり取り

ハイシャルは、女性や年配の人でも安心して利用できる、廃車買取サービスです。

2019年の相談実績は65,000件突破しました。

分かりやすいシステムと専門スタッフによる年中無休のサポートが、ハイシャルの特徴です。

1000社以上の専門業者と提携することで、サービスの全国展開を可能にしています。

エリアや車両状況によっては、午前中の依頼で当日に引き取ってもらえる場合もあります。

ハイシャルは、国内での再販・輸出・マテリアルとしての再利用など、様々な販路を持っているため、どんな車も0円以上の買値がつくのです。

それから、廃車手続きも無料で代行してくれて、還付金も受け取れますよ。

  • 廃車買取に詳しくない人でも、分かりやすいシステム
  • 査定のみOKで、無理な営業電話なし
  • LINEでの査定申込みや相談も可能

ハイシャルはこちら

 

1番おすすめの廃車OKの査定サービスはどこ?

おすすめの廃車OKの査定サービスは、ランキング1位の「カーネクスト」です。

カーネクストは、業界でもトップクラスの廃車買取価格を実現しています。

廃車に高値がつく理由は、海外に独自の販路を持っており、そこに輸出やパーツ資源を販売しているからです。

15年以上前の車・15万Km以上走行の車・車検切れの車・故障車・事故車・不動車などの買い取り実績も多く、安心して査定を任せられますよ。

カーネクストは、専門スタッフが利用者一人一人を最後までしっかりサポートしてくれるため、廃車買取が初めての人でも利用しやすいです。

「売れないだろう」と諦めていた車に、思わぬ買取価格がつくケースもあります。

古い車の処分に困ったら、カーネクストに査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

ランキング1位
カーネクストはこちら

もくじに戻る▲

タントの値引きでよくある質問と回答

タントの値引きでよくある質問と回答

タントの値引きでよくある質問と、それに対する回答を紹介します。

タントの値引き価格は、決算期等・購入時期によって変わる?

タントの値引き価格は、決算期等・購入時期によってほとんど変わりません。

確かにディーラーのセールスマンは「決算期なので、通常よりも値引きを頑張ります」と話します。

しかし決算期になると、値引き額を多めに設定する分、下取り額は低めに設定することはよくあります。

つまり、決算期もそれ以外の時期もトータルの支払い額はあまり変化がないように、ディーラーでは調整しています。

ですので、決算期になると値引き額が変わるということはあまりありません。

車を売るか分からなくても、ネット査定できる?

車を売るか分からなくても、ネット査定できます。

売ることは決まっていなくても、自分の車の現在の相場が知りたいという理由でネット一括査定を利用することはできます。

買取業者によって査定額には差がありますので、1店舗での査定を受けるよりも複数の業者で査定を受けた方が良いと思います。

一括査定を利用すると多くの業者から電話がかかってきて、とても煩わしいというイメージがありますが、メールでの連絡を希望することもできます。

また、担当者が出張査定にやってきたときに必死に営業攻勢をかけてくると思いますが、きっぱりと断れば、それ以降は連絡をしてくることもありません。

一括査定に申し込むとたくさんの買取業者から電話がかかってくる?

電話をかけてくる業者もありますが、メールで対応してもらえる業者もあります。

一括査定に申し込むと、複数の業者から電話がかかってくるのでとても面倒だという指摘は以前からあります。

しかし、メールでのやりとりを希望できるサイトや、やりとりはメールのみというサイトもあります。

そのほかには、買取業者との連絡をサイトの担当者が代行してくれるので、面倒なやりとりが必要ないというサイトまで登場しています。

自分の希望に合わせてサイトを選べば、煩わしさはほとんど無いといえます。

車を少しでも高く売却するために気をつけるべきことはある?

いくつかあります。

まず、査定を受ける前には車を綺麗に洗車して、車内も丁寧に掃除をしましょう。

車を綺麗にしておくと買取店の担当者も気持ち良く査定ができますし、丁寧に乗られていたのだなあ・・考えますので、印象が良くなります。

また、査定を受ける前に傷などを修復する人がいますが、修復はせずそのままにしておきましょう。

車は使っていると少なからず傷はつきますので、小さな傷はほとんどマイナス査定にはなりませんし、大きな傷は業者が修理します。

車を売るときにどんな点がマイナス査定になる?

事故歴があると大きく査定額が下がってしまうことはよく知られていますが、それ以外には1年間に1万キロ以上過走行もマイナス査定になります。

そして、見落とされがちなのが車内のにおいで、タバコやペットのにおいは要注意です。

特にタバコは完全に消臭することはできませんので、車内でタバコを吸うという人はある程度のマイナス査定は覚悟しておく必要があります。

車両価格から何%位の値引きが狙える?

一般的に、車の値引き相場は5~15%といわれていますが、10万円以上の値引きをしてくれるケースはほとんどありません。

一方、オプションや装備品からは10~20%の値引きが一般的ですが、軽自動車は車両価格から値引きがあまりできないので、こちらからの値引きを狙うのがおすすめです。

愛車を高く売って
タントの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

まとめ(タントの値引き)

まとめ(タントの値引き)

最後に、タントの値引きについてまとめます。

「車を少しでも安く購入したい!」と思って、ディーラーと値引き交渉をしますが、これには限度があります。

その理由は、値引きは自動車メーカーの利益を直接削ることになるためです。

特に、軽自動車は価格が比較的安いので、大幅な値引きを引き出すことは難しいのが現状です。

よって、タントの購入資金を得るためには、
値引き交渉を頑張るだけでなく、
現在乗っている車をより高く売ることがおすすめします。

発想を変えて、
乗り換える車をできるだけ高く売却することで、
少しでも安く新車に乗り換えるのがベストな方法です。

ただし、ディーラーでの下取りは競争原理が働かないため、どうしても安く買いたたかれてしまう傾向があります。

そのため、ディーラーでの下取りよりも、自動車買取専門店への売却がおすすめです。

買取専門店は業者間の競争が激しいため、ほとんどのケースでディーラーでの下取りよりも高値で買い取ってくれるからです。

さらに、買取専門店によっても査定額は異なり、場合によっては数十万円の差が出ることもあります。

(以下、イメージです)

買取業者買取価格
ディーラー下取りバツ8万円
買取業者Aバツ25万円
買取業者B二重丸
80万円
買取業者Cバツ45万円

このように、
値引き額は数万円の差しかありませんが、
買取価格は数十万円の差が生まれます!

そこでおすすめなのが一括査定サイトです。

一括査定サイトなら、
たった1度の入力で、複数の買取店から見積額が届きます。

その中で、最も高い査定額を提示した業者に売却すれば、より割安でタントに乗り換えることが可能になります。

買取店での売却は書類の手続きなどが面倒で躊躇している人も多いですが、とても簡単ですので、タントに乗り換えを考えている人はぜひこのサービスを利用してください。

タントの購入資金を作る!
愛車を高く売る
おすすめ一括査定サービス

「新車が欲しい…」
「手元に資金がない…」
そんな時は一括見積もりで愛車の買取価格を大幅アップ!
無料のネット一括査定はコチラ
「新車が欲しい…」
「手元に資金がない…」
そんな時は一括見積もりで愛車の買取価格を大幅アップ!
無料のネット一括査定はコチラ
タイトルとURLをコピーしました