【シエンタ/トヨタ】値引き額はいくら?初心者必見の交渉術!相場表と限界価格をレポート!

【シエンタ/トヨタ】値引き額はいくら?初心者必見の交渉術!相場表と限界価格をレポート!

この記事では、シエンタをオトクに購入できる方法をまとめています。

・シエンタの値引き価格の相場
・シエンタの値引き交渉術・注意点
・シエンタの購入資金を作る方法【おすすめ】

また、値引き交渉をする上で、気を付けるべき注意点も書いています。

ただし、いくら値引きに成功しても、
手元に資金がなければ、シエンタを買うことはできませんよね?

購入資金が足りないからといって、大きなローンを組むのも、少し気が引けてしまいます。

さらに、もし今乗っている車があるなら、
それを相場より高く売ることで、シエンタの購入資金をゲット
できます。

無料のネット一括査定サービスを使えば、
「買取価格が数十万円アップした」なんて事例も♪

予想より大きな資金が入ってくるので、
「シエンタが欲しい!」
「でも手元には資金があまりない…」
という方には、特におすすめです♪

・値引き額のアップ
・下取り価格のアップ
両方をうまく活用して、シエンタを賢くゲットしてくださいね。

愛車を高く売って
シエンタの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

 

愛車を高く売って
シエンタの購入資金に!
おすすめ一括査定はこちら

シエンタの値引き額の価格相場表【2020年11月最新】

シエンタの値引き額の価格相場表【2020年11月最新】

まず、シエンタの値引き額の価格相場表を紹介します。

車種(グレード別)値引き額
ハイブリッド G Cuero10~25万円
ハイブリッド G(7人乗り)20~30万円
ハイブリッド G Cuero10~25万円
ハイブリッド G(7人乗り)10万円
ハイブリッド FUNBASE G10~15万円
G(7人乗り)15~25万円
G Cuero35万円
X 4WD5~10万円
G Cuero5~35万円
G Cuero 4WD10~30万円

出典:シエンタ 値引き情報
出典:シエンタ ハイブリッド 値引き情報

シエンタの価格は約180~255万円ですが、
車両価格から10%以上の値引きを引き出しているケースが目立ちます。

さらに、15%弱の値引きを引き出している人もいます。

シエンタはデビューから5年以上経っているモデルなので、値引きも引き出しやすくなっていると思われます。

愛車を高く売って
シエンタの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

シエンタの値引き交渉術(新車購入で損をしないテクニック)

シエンタの値引き交渉術(新車購入で損をしないテクニック)

ここでは、シエンタの値引き交渉術を紹介します。

新車購入で損をしないテクニックはいくつかありますので、これらを組み合わせて商談してみてください。

コツ1:ライバル車種と競合させる

ライバル車種と競合させるテクニックは、最もオーソドックスで、多くの人が使っています。

シエンタのライバルは、
ボディサイズやスペックがほぼ同じホンダ・フリードで、価格帯も近いです。

両車とも5ナンバーサイズに収まっているコンパクトミニバンで、1.5Lのハイブリッドとガソリンエンジンを搭載しています。

また2列シートと3列シートが設定されている点も、シエンタとフリードに共通している点です。

そこで、交渉の際に
「シエンタが第一候補だけれど、フリードも考えている」
と切り出してみると、セールスマンも頑張って値引きしてくれる可能性がアップします。

その際、ただ単に「安くしてほしい!」と交渉するのではなく、
「フリードの支払い額は○○万円なので、シエンタも○○万円くらいまで頑張ってほしい」などと交渉すると効果的です。

また、「フリードよりもシエンタの方が低燃費だし、ユーティリティ性能も高いし魅力的に感じている」など、ぜひシエンタを購入したいとアピールするも効果的です。

コツ2:総額で攻める(付属品・ローンなどを含めて値引き)

付属品・ローンなどを含めた「総額から値引く」という方法も効果的です。

オプションや装備品を一通り選んで、間もなく契約というタイミングで
「やっぱり少し予算オーバーです。○○万円まで下げてもらえたら契約できそう」と切り出してみてください。

セールスマンもなんとか契約を取ろうと、頑張って上司に掛け合うなど、様々な努力をしてくれると思います。

そのほかに、ローンで契約するときには「月々の支払い額を○○万円に抑えたい」と言ってみるのもおすすめです。

ローンを組むと信販会社からディーラーには手数料が入りますので、現金一括よりも割安になるケースもあります。

コツ3:若手の売れてなさそうなセールスマンを選ぶ

若手の売れてなさそうなセールスマンを選ぶというテクニックは、あまり知られていません。

カーディーラーのセールスマンの給料は歩合制ですので、契約を取らなければ給料が少なくなってしまいます。

ベテランのセールスマンなら固定客が付いているため、顧客の管理がしっかりしていれば自然と車が売れます。

一方、若手のセールスマンは固定客があまり多くないため、契約を取るのが大変だといわれています。

そこで、こうした若手のあまり売れてなさそうなセールスマンを選んで交渉すると、契約を取るために値引きを頑張ってくれるのです。

コツ4:今乗っている車の買取相場を把握しておく

下取りで損をしないためにも、今乗っている車の買取相場は必ず把握しておきましょう。

愛車の買取相場を把握していないと、
ディーラーから下取り額を提示されても、その金額が妥当なのか分かりませんよね?

逆に、買取価格の最高値を知っておけば、下取り価格との差額がチェックでき、大損することも防げます。

買取相場より下取り価格が安い場合は、ディーラーに理由を聞いてみましょう。

交渉の余地があるかもしれません。

愛車を高く売って
シエンタの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

シエンタの購入資金を作る方法【必見!】

シエンタの購入資金を作る方法【必見!】

ここでは、シエンタの購入資金を作る方法を紹介します。

一般的に車の値引き額は車両本体価格の約10%といわれていますが、
シエンタの場合10~15%ですので、平均的か若干緩めといえます。

しかし、高額の値引きを行うとメーカーの利益は減少しますので、値引き額には限度があります。

そこで、値引きだけではなく、
現在乗っている車を高い値段で売却して、シエンタの購入資金に充てる方法がおすすめです。

ただし、買取査定のやり方はお店によってピンキリなので、同じ車でも金額に差が出やすいです。

(以下、イメージです)

買取業者買取価格
買取業者Aバツ30万円
買取業者B二重丸
60万円
買取業者Cバツ45万円
ディーラー下取りバツ15万円

このように、
値引き額は数万円の差しかありませんが、
買取価格は数十万円の差が生まれます!

こうすれば、数十万円分のルーミー購入資金を追加でゲットできる可能性があります。

ルーミーの車両価格の値引きが少ない場合でも、
買取価格を上げると、総合的に安くルーミーが買えるのでおすすめです。

1点注意が必要ですが、ディーラーは買い取り専門店ではないので、安い価格でしか買い取ってくれません。

そのため、1回の入力で、数十社の業者の買取価格を比較できる、ネットの無料一括査定サービスがおすすめです。

無料一括査定の入力時間は約1分程度で、買取を行っている会社の査定価格を一覧で見ることができます。

最終的にディーラーで下取りをする場合も、
買取価格を見せて交渉することで、買取価格をアップできる可能性があります。

ルーミーの値引き価格の相場は10万前後ですが、
買取を含めると、100万円以上の値引きが叶う場合もあります。

現在の車を売りたいという場合は、ディーラーでの下取りを利用するよりも、買取を利用する方がお得です。

愛車を高く売って
シエンタの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

シエンタの購入に役立つ!無料一括査定を利用した人の口コミ・評判

シエンタの購入に役立つ!無料一括査定を利用した人の口コミ・評判

シエンタの購入に役立つ、無料一括査定を利用した人の口コミや評判を紹介します。

ディーラーでの下取りをする時でも、買取専門店で査定を受けた方が良いという内容です。

この口コミにあるように、インターネットで手軽にできるので、ネットの一括査定はやっておいて損はないですね。

買取店によって査定額が、数十万円も違うのは驚きですね。

無料一括査定サイトを利用すると、買取専門店の査定額を比較できるので大変便利です。

無料一括サイトに登録すると、買取店からすぐに連絡があったという口コミです。

スピード感があるのもこのサービスの特徴だといえます。

無料一括査定サイトは、複数の買取店から査定を受けることができ便利で、スピーディーに対応してくれるというメリットがあります。

愛車を高く売って
シエンタの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

シエンタの購入資金をゲット!【無料一括査定サービスおすすめランキング】

シエンタの購入資金を作るために!【無料一括査定サービスおすすめランキング】

ここでは、シエンタの購入資金を作る”ために、おすすめの無料一括査定サービスをご紹介します。

「愛車を高く売れば、それだけシエンタの購入資金が増えるのはわかった!」
「でも具体的に、どの一括査定サービスを使えば良いの?」

という方におすすめです!

それぞれにサービスの特徴がありますので、自分に合ったサイトを選んでみてください。

おすすめの無料一括査定サービスを比較!

(※横にスクロールできます→)

順位サービス名利用料提携業者数同時査定依頼数業者選択入力の時間電話の多さ
1位
カーセンサー.net
二重丸無料二重丸1,000社以上二重丸30社二重丸可能
三角約60秒
三角多い
メールでの取引も可
2位
カービュー
二重丸無料二重丸230社以上三角8社二重丸可能二重丸約45秒バツ多い
3位
ナビクル車査定
二重丸無料三角50社以上三角10社バツ不可能二重丸約45秒バツ多い
4位
査定比較.com
二重丸無料二重丸290社以上三角10社バツ不可能二重丸約30秒バツ多い
5位
ズバット車買取比較.com
二重丸無料二重丸290社以上三角10社二重丸可能二重丸約30秒バツ多い
6位
楽天Car(楽天カーサービス)
二重丸無料二重丸100社三角10社バツ不可能三角約90秒バツ多い
7位
一括査定.com
二重丸無料二重丸230社以上三角8社バツ不可能二重丸約40秒バツ多い

(※横にスクロールできます→)

さらに買取価格を引き上げるコツとして、
ランキング上位のサービスを複数利用するのもおすすめです!

一括査定サービスの違いを比較しました。

ここからは、1つ1つのサービスを詳しく見ていきます。

1位:カーセンサー.net

提携業者数1,000社以上!
高額査定の期待大の一括査定サービス
車の買取価格5.0
多くの買取店が競合するため、高額査定が見込める
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード5.0
申込みから最短で数分後に連絡がくる
提携査定会社数4.0
1,000社以上
最大査定数4.0
最大30社
メールのみの連絡5.0
メールのみの取引も希望可

カーセンサー.netは、無料一括査定サービスでは知名度が特に高いサイトです。

・リクナビ
・タウンワーク
・じゃらん
・ホットペッパー
・ゼクシィ
などのサービスで有名な「リクルートホールディングス」が運営しています。

無料一括査定サービスを利用するなら、ここは外せません!

提携している車買取業者の数は、一括査定サービスでは業界最大級の1,000社以上。

さらに、大手やJADRI加盟店も多数含まれるので、信頼性は抜群です。

最大30社の同時査定が可能で、これは業界でも圧倒的な数を誇ります。

査定を依頼したい業者が選べるのも、カーセンサー.netのおすすめポイントです。

カーセンサーの画面上で、買取会社との連絡方法を「メールのみ希望」に設定することもできます。

  • 提携業者や同時査定数が業界トップクラスで、高額買取が期待できる
  • 運営は上場企業のリクルート、提携先は優良業者ばかりで安心
  • メールでの取引が可能で、営業電話を減らせる

カーセンサーはこちら

 

2位:carview(カービュー)

平均16万円アップ!
大手買取店との提携が多い一括査定サービス
車の買取価格4.0
ディーラーの下取りより平均16万円高い
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
24時間以内にcarviewからメールが届き、2営業日以内に各査定会社から連絡がくる
提携査定会社数3.0
230社以上
最大査定数3.0
最大8社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

「carview(カービュー)」は日本最大級のクルマ情報サイトです。

車の買取トラブルに対応する「一般社団法人日本自動車購入協会」の監修を受けているので、信頼性も高いので安心ですね。

システムは使いやすさと分かりやすさを重視しており、初心者でも簡単にサービスが利用できると評判です。

・ガリバー
・ビッグモーター
・カーセブン
・オートバックス
・アップル
・ラビット
といった、大手買取店と多く提携しているのも、carviewの特徴です。

carviewが行う無料一括査定サービスは、450万人超えの利用実績があります。

  • 一般社団法人日本自動車購入協会の監修サイトで安心
  • 多くの大手買取店と提携しているので、信頼性が高い
  • 商用車や修復歴ありの車も高価で買い取ってくれる

カービューはこちら

 

3位:ナビクル車査定

優良買取店が揃う!年間35万人が利用する一括査定サービス
車の買取価格4.0
下取りから平均17万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア4.0
全国に対応
※一部地方は対象外
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数1.0
50社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

ナビクル車査定は、年間35万人が利用する無料一括査定サービスです。

運営しているのは、上場企業「エイチーム」の子会社である「エイチームライフスタイル」です。

ナビクル車査定では、一括査定の申し込み後、
全国の査定データから算出した、愛車の最新の買取価格(概算)をWeb上ですぐに見ることができます。

業者数は50社と少なめですが、これは優良買取店だけに絞って提携しているからです。

提携業者の中には、JPUC認定の適正買取店も含まれるので、悪質な業者にあたる心配は低いです。

  • 申し込み後、車の買取相場がすぐわかる
  • 多くの大手買取店と提携しているので、信頼性が高い
  • 商用車や修復歴ありの車も高価で買い取ってくれる

ナビクル車査定はこちら

 

4位:査定比較.com

80%が査定士の対応に満足している一括査定サービス
車の買取価格3.0
サービス利用者の7割が、平均で23.2万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数3.5
290社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

査定比較.comには、「車買取のノウハウ」や「高額売却のコツ」などのコンテンツがありません。

つまり、一括査定に特化したサイトなのです。

システムはシンプルで使いやすいと評判で、利用者の累計は200万人を突破しています。

査定比較.comは、後ほど紹介するズバット車買取比較.comと同じ「ウェブクルー」が運営しています。

提携業者は、JADRI加盟店を含む大手から、地域密着型の中小買取会社まで様々です。

査定士の対応の良さに満足している利用者が多いのも、サービスのポイントですね。

  • システムが分かりやすく、初心者でも簡単に利用できる
  • 提携業者には、JADRI加盟店も入っているので安心
  • 査定士の対応や査定額に満足しているユーザーが多い

査定比較.comはこちら

 

5位:ズバット車買取比較.com

75万台の取引データから相場を分析する一括査定サービス
車の買取価格3.0
利用者の7割が、下取りから平均23.2万円アップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード4.0
申し込み後、すぐに査定結果がわかる
提携査定会社数3.5
290社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

ズバット車買取比較.comは、累計利用者数200万人越えの実績を持つ、一括査定サービスです。

運営会社は「ウェブクルー」です。

同じ運営会社の査定比較.comと違い、「車買取の基本」や「高額売却のコツ」など、参考になるコンテンツが満載です。

さらに、
「サービスの利用方法が分からない」
「買取業者からの営業電話を止めてほしい」
といった、疑問や要望に応えてくれるカスタマーサポートもあります。

ズバット車買取比較.comなら、数か月先の買取相場(概算)も分かるため、売却のタイミングを判断しやすいのもポイントです。

  • 申し込み前に平均査定相場が分かる
  • 査定時だけでなく、6か月後の買取相場も分かる
  • 電話サポートがあるので、初心者でも安心

ズバット車買取比較.comはこちら

 

6位:楽天Carサービス

楽天スーパーポイントがもらえる一括査定サービス
車の買取価格3.0
下取りより査定額がアップ
手間(電話査定可)4.0
専用フォームまたは電話で申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード5.0
申し込みから最短で数分後に連絡がくる
提携査定会社数2.0
100社以上
最大査定数3.5
最大10社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメールで連絡がくる

楽天Carの一括査定サービスは、楽天Carオークションと同じ、「楽天株式会社」が運営する一括査定サービスです。

サービスは無料で利用でき、100社以上の業者の中から最大10社に同時査定してもらえます。

提携業者には、JADRI加盟店や大手買取店も多く含まれるので、トラブルのリスクも少ないです。

  • 完全無料でサービスを利用できる
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 上場企業の楽天が運営するサービスで信頼度が高い

楽天Carサービスはこちら

 

7位:一括査定.com

日本自動車流通研究会(JADRI)が運営する安心の一括査定サービス
車の買取価格4.0
各買取社が高額査定を出してくれる
手間(電話査定可)4.0
専用フォームから申し込み、出張査定を行う
対象エリア5.0
全国に対応
対応スピード3.5
申し込み後48時間以内に査定結果がわかる
提携査定会社数3.0
200社以上
最大査定数3.5
最大8社
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、査定会社から電話またはメール連絡がくる

一括査定.comは、株式会社メディア4uが運営する車一括査定サイトです。

安心して利用できる車査定サイトであるために、「社団法人 日本自動車購入協会(通称:JPUC)」と提携。

実際の車買取現場で発生するトラブル等の監視に努めています。

万が一トラブルが発生した時も、JPUC車売却消費者相談室が対応してくれ、サポート体制も充実しています。

それもあり、一括査定.comは利用者累計数400万人超え&年間5,000台の実績を誇ります。

公式サイトでは、車種やグレードごとの査定相場の情報も公開しているので、査定前に参考にするのもおすすめです。

  • 愛車の相場がすぐに分かる
  • 利用実績も多く、信頼性が高い
  • トラブルにはJPUC(日本自動車購入協会)が対応してくれる

一括査定.comはこちら

 

1番おすすめの車一括見積もりサービスはどこ?

おすすめの無料一括査定サービスは、ランキング1位の「カーセンサー.net」です。

査定の申し込み手続きも簡単なので、初めて一括査定サービスを利用する人でも安心

なんと最大30社の同時査定が可能なので、高額買取の期待大です。

提携業者は大手からローカル企業まで幅広く、近場の買取店が見つかりやすいのも魅力です。

また、提携業者にはJADRI加盟の優良買取店も含まれるため、トラブルのリスクも少なく、安心して査定を依頼できます。

メールのみでの取引も希望できるので、他の車査定サイトよりも、初めての利用でもハードルが低いことが特徴です。

運営しているのは、上場企業のリクルートなので、安心して利用することができます。

公式サイトには、査定依頼が多い車の月・週・日別ランキングに加え、査定の基礎知識や高額査定のテクニックなど、参考になる情報も掲載されています。

ランキング1位
カーセンサーはこちら

もくじに戻る▲

シエンタの購入資金作りに最適!無料一括査定を利用するメリット

シエンタの購入資金作りに最適!無料一括査定を利用するメリット

シエンタの購入資金を作るために無料一括査定を利用するメリットについて、いくつか紹介します。

出張査定の時間がスピーディー(15分~1時間程度)

出張査定の時間がスピーディーというのは、無料一括査定サイトの特徴の一つです。

無料一括査定サイトには、車種や年式、ボディカラーなど自分の車の情報を入力します。1~3分程度です。

すると、提携している買取専門店から査定額の概算が送られてきます。

気に入った買取価格のお店があれば、出張査定を依頼しましょう。

出張査定では、登録された情報が正しいのか確認したり、エンジンを動かして状態を確かめたりしますが、15分~1時間程度で終了します。

全国に出張し、手数料も不要

「出張査定」や「車の売却の際の引き取り」も、
全国に出張してくれ、手数料も不要なので、利用者にとって大変便利です。

買取専門店は全国展開している企業も多いので、日本中どこでも同じサービスを受けることができます。

また、書類の代行手数料も不要なので、気軽に利用できるのも魅力です。

一度の情報入力で複数の見積もりが手に入り、手間が省ける

一度の情報入力で複数の見積もりが手に入り、
手間が省けるのは一括査定サービスの最大の魅力だといえます。

無料一括査定サイトに、車の情報を一度入力するだけで、
提携している数十店舗から、買取査定額が送られてきます。

よって、複数の買取専門店を1つ1つ回って査定を受けることなく、カンタンに自分の車の査定額を知ることができるのです。

少しでも高く売るためには多くの買取専門店を回って何度も査定を受ける必要がありますが、これは非常に面倒な作業ですよね。

無料一括査定サイトを使えば、こうした面倒な作業から解放されます。

愛車を高く売って
シエンタの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

シエンタの購入資金をゲット!愛車売却の流れ・必要なもの

シエンタの購入資金をゲット!愛車売却の流れ・必要なもの

シエンタの購入資金をゲットするために、愛車売却の流れと必要なものを紹介します。

買取までの流れ

買取までの流れについて詳しく紹介します。

一括査定

まずは、無料一括査定サイトを使って車の情報を入力します。

入力する項目は、以下です。

・車種
・年式
・グレード
・走行距離
・ボディカラー
・オプション
・事故歴や傷の有無
など

入力すると、提携している買取店から査定額が送られてきます。

気に入った査定額のお店があれば、本査定を受けましょう。

本査定

本査定では、買取専門店の担当者が自宅などにやってきて車を詳しく調べてくれます。

入力された情報の正確性、エンジンの調子、傷の有無などを確認されることが多いです。

本査定が終了すると、最終的な買取価格が伝えられますが、
その場で契約せず、すべての買取専門店の査定を受けましょう。

すべての買取専門店の査定額が出揃ったところで、
最も高い価格を提示した買取店に売却しますが、さら上乗せを狙って交渉しても問題ありません。

売買契約書・車の引き取り・入金

売却する業者が決まると、売買契約書をかわします。

決められた日時に車が引き取られ、買取金額が入金されると、取引が終了します。

必要なもの(必要書類一覧)

ここでは、車両の売却の際に必要なもの(必要書類一覧)をご紹介します。

普通車と軽自動車では、必要書類が少し異なります。

普通車の場合
用意しておくもの備考
自動車検査証
自賠責保険証明書
自動車リサイクル券リサイクル料金を買取業者から返金してもらえる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
自動車納税証明書その年の4~5月に支払ったもの。売却後に月割りで還付を受けられる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
振込口座情報通帳など。
印鑑登録証明書登録から1ヶ月以内のもの。
実印登録から1ヶ月以内のもの。
譲渡証明書※買取業者が用意
委任状※買取業者が用意
メンテナンスノート(任意)メーカー保証書と点検整備記録簿がセットになったもの。
軽自動車の場合
用意しておくもの備考
自動車検査証
自賠責保険証明書
自動車リサイクル券リサイクル料金を買取業者から返金してもらえる。
※買取業者が用意
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
軽自動車納税証明書その年の4~5月に支払ったもの。売却後に還付を受けられる。
※法的な決まりではなく、業界全体のルール。
振込口座情報通帳など。
認印軽自動車は認印でOK
自動車検査証記入申請書運輸支局窓口、国土交通省ホームページにあり。
買取業者の店舗においていることも。
メンテナンスノート(任意)メーカー保証書と点検整備記録簿がセットになったもの

「納税証明書」は毎年税金を支払うと交付されますが、紛失している人も多いので、事前に確認が必要です。

「リサイクル券」が手元にない場合は、用意しなくても問題ありません。

住民票は、車検証に記載されている住所と現住所が異なる場合、または、買取店舗によって提出が必須です。

上記書類の他に、委任状(車の名義変更手続きを業者に委任する書類)や譲渡証明証(車を販売店に譲渡する書類)を買取店側が用意してくれます。

車の売却前までには、必要な書類はすべて準備しておくようにしましょう。

愛車を高く売って
シエンタの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

シエンタの値引きの注意点

シエンタの値引きの注意点

シエンタの値引きの注意点について紹介します。

シエンタに限らず購入時期による値引き価格の差は少ない

一般的に「車は決算期に購入すると安くなる」と言われます。

しかし、シエンタに限らず、
購入時期によって値引き額が変わることはほぼありません。

確かに決算期にディーラーで商談すると、
セールスマンは「今は決算期ですので、頑張って値引きします!」とセールスされます。

しかし、その分、
下取り額をかなり安く抑えられているのです。

例えば、250万円のシエンタを購入し、買取相場が100万円の車を下取りするとします。

セールスマンは「今は決算期ですので値引きは35万円、下取りは85万円、支払い額は130万円でいかがですか?」とセールスしてきます。

一方、通常期だと「値引きは20万円、下取りは100万円、支払い額は130万円でいかがでしょう?」とセールスしてきます。

決算期は値引き額が高くなるため、お客さんは「やっぱり決算期だと安いなあ・・・」と感じますが、その分下取り額が安くなるので、通常期と変わりません。

ディーラーはこのようなテクニックを使っていますが、お客さんは決算期に購入すると安くなると勘違いしています。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれるケースが多い!

知らない人は意外とたくさんいますが、
ディーラーで下取りすると、安く買いたたかれる可能性が高いです。

車を乗り換えるときに、多くの人がそのままディーラーで下取りをするため、
競争原理が働かず、どうしても安く買いたたかれる傾向があるのです。

まったく同じ車なのに、
「買取専門店での買取価格」と
「ディーラーの下取り価格」を
比較すると、10万円~30万円以上変わることもあります。

そのため、無料の一括査定サービスを利用して、
買取相場を知っておくことで、安く買いたたかれるのを防ぐことができます。

下取りではなく買取業者の一括査定を利用(シエンタの新車値引きと同じ効果!)

ディーラーの下取りよりも、
買取業者の無料一括査定を利用する方が、より高い価格で車を売れる確率が上がります。

(以下、イメージです)

買取業者買取価格
買取業者Aバツ30万円
買取業者B二重丸
60万円
買取業者Cバツ45万円
ディーラー下取りバツ15万円
買取価格が増えると、シエンタの資金が増えるので、
結果的にシエンタの新車の大幅値引きと同じ効果があります。

まず、無料の一括査定を利用して、愛車を高い価格で売却。

その資金を利用して、シエンタをお得に購入しましょう!

愛車を高く売って
シエンタの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

シエンタとは(特徴・どんな車)

シエンタとは(特徴・どんな車)

シエンタの特徴や装備、システムについて紹介します。

シエンタとは?特徴・どんな車?

シエンタは、トヨタが販売している小型サイズのミニバンです。

現行モデルは、2015年から販売されています。

全長が4,260mmというコンパクトボディサイズですが、
2列シートの5人乗りのほか、
3列シートの7人乗り仕様も設定されているのが特徴です。

エンジンは1.5Lのガソリンエンジンとハイブリッドが設定されており、ガソリンの方には4WDも用意されています。

約180万円~という価格設定も手頃で、女性にも扱いやすいサイズのため、人気のモデルです。

シエンタの実燃費は?

シエンタの実燃費(ガソリングレード)は、以下のようになっています。

走行シーン燃費
高速道路中心19.7km/L
郊外・幹線道路15.2km/L
市街地12.6km/L

出典:autoc-one

ガソリングレードのカタログ燃費(WLTCモード)は、以下になっています。

走行シーン燃費
高速道路モード19.0km/L
郊外モード17.7km/L
市街地モード13.1km

実燃費とカタログ燃費はほぼ一致すると考えて問題なさそうです。

ハイブリッドのカタログ燃費(WLTCモード)は、以下になっています。

走行シーン燃費
高速道路モード22.7km/L
郊外モード23.9km/L
市街地モード22.7km/L

やはり、ストップアンドゴーが多い市街地モードはハイブリッドの方が有利であることが分かります。

新車のシエンタの納期は?

新車のシエンタの納期は、約2ヶ月です。

ただし、グレードやボディカラーによっても納期は変わります。

より詳細が知りたい場合は、ディーラーで確認してみてください。

シエンタのグレードの違い、おすすめのグレードは?

シエンタのグレードの違いやおすすめグレードについて紹介します。

シエンタには、以下の2タイプが設定されています。

  • 2列シートの5人乗り
  • 3列シートの6/7人乗り

また、それぞれに以下の3つのグレードが設定されています。

  • G Cuero
  • G
  • X

G Cueroには踏み間違いを防止するインテリジェントクリアランスソナーやLEDフォグランプ、合成皮革とスエード調のシートが装着されています。

また、Xは運転支援システムのToyota Safety Senseがオプション設定となっています。

おすすめのグレードは、安全装備が充実しているG Cueroです。
Gより約11万円割高ですが、装備が充実しているのでお得です。

またハイブリッドはガソリンより約37万円割高になりますが、
リセールバリューではこちらの方が有利ですので、やはりハイブリッドがおすすめです。

シエンタのカラーバリエーションは?

シエンタには、18色のカラーバリエーションが用意されています。

そのうちの6色は、ルーフがブラックの2トーンカラーになっています。

以下は、トヨタのサイト内にある「ブラックマイカ×エアーイエロー」の外観や内装です。

出典:トヨタ シエンタ ギャラリー

その中で人気なのは、無難なホワイト系やブラック系ですが、
イエローやレッドなど鮮やかなボディカラーも用意されており、好みに合わせて選ぶことができます。

シエンタの安全装備・システムは?

シエンタの安全装備やシステムについて紹介します。

シエンタに装着されているのはToyota Safety Senseで、
・プリクラッシュセーフティ
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
の3つがセットになっています。

また、「踏み間違いを防止するインテリジェントクリアランスソナー」はG Cueroには標準装備されますが、それ以外のグレードにはオプション設定されます。

シエンタの新型は機械式の立体駐車場に入る?

シエンタの新型は機械式の立体駐車場に入るか気になりますが、残念ながら入れることはできません。

シエンタの全高は1,695mmですが、
多くの機械式立体駐車場は1,550mm以下の車しか入れることはできません。

シエンタのおすすめオプションは?

シエンタのおすすめのオプションは、
「SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ(49,500円)」です。

これら2つのエアバッグは側面からの衝突に有効で、
特にカーテンシールドは車が横転したときに、乗員を守ってくれます。

最近は多くの車に標準装備されていますが、
シエンタにはオプション設定となっていますので、ぜひ装着したいアイテムです。

また、ハイブリッドのみに設定されているアクセサリーコンセント(44,000円)もおすすめのオプションです。

100V電源で1500Wまで使えるコンセントが2つ装着されますので、スマホの充電などに便利です。

シエンタのメリット・デメリット

シエンタのメリットとデメリットについて紹介します。

シエンタのメリットは4.3m弱のコンパクトなボディに、
3列シートを装着して7人乗車を可能にしている点です。

3列目は狭く大人には窮屈ですが、短時間の移動なら問題なく、とても魅力的な存在です。

こうしたモデルはシエンタの他には、ホンダ・フリードくらいしか見当たりません。

一方、デメリットとしては、アダプティブクルーズコントロールなど最新のモデルに比べると安全装備があまり充実していないという点です。

愛車を高く売って
シエンタの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

シエンタの購入資金をゲット!手持ちの廃車/事故車/不動車の売却におすすめ査定サービスは?

シエンタの購入資金をゲット!手持ちの廃車/事故車/不動車の売却におすすめ査定サービスは?

ここからは、廃車/事故車/不動車の売却におすすめ査定サービスをご紹介します。

車は持っているけど、

「廃車だから…」
「事故車だから…」
「動かない車だから…」

なんて諦めていませんか?

実は、「廃車/事故車/不動車」を対象とした買取査定サービスがあるんです。

実際に査定してもらうと、予想以上の金額で買い取ってくれた事例もたくさんありますよ!

ここでは、おすすめの査定サービスをランキング形式でご紹介します。

それぞれに特徴があるので、自分に合ったサービスを選んでみてください。

おすすめの廃車OK査定サービスを比較!

(※横にスクロールできます→)

順位サービス名利用料入力の時間電話の多さその他(提携業者)
1位
カーネクスト
二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)サービス運営のため、
1,000社以上の自動車関連業者と提携
2位
廃車本舗
二重丸無料二重丸約10秒二重丸少ない(1社のみ)販路として海外輸出事業と連携
3位廃車ラボ二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)全国に協力会社や提携会社が多数
4位
廃車買取.com
二重丸無料二重丸約25秒二重丸少ない(1社のみ)販路として海外業者と提携
5位
ハイシャル
二重丸無料二重丸約20秒二重丸少ない(1社のみ)販路や運営のため、
全国1000社以上の専門業者と提携

(※横にスクロールできます→)

比較しても迷ってしまいますが、
1位のカーネクストは、
・買取価格が高い
・廃車手続きや引き取りの費用が無料
・コールセンターの評判が高い
などの理由から、おすすめ度1位となっています。
※迷ったら、複数のサービスに依頼してみるのもアリ!
※買取価格がさらに上がるかも!

ここからは、1つ1つのサービスを詳しく見ていきます。

1位:カーネクスト

どんな車も原則0円以上の値がつく!廃車買取サービス
車の買取価格5.0
どんな車でも0円以上で買い取ってもらえる
手間(電話査定可)4.5
専用フォームか電話で申し込み
対応スピード5.0
書類があれば契約にも即対応
提携査定会社数
※全国引取りを可能にするため、1000社以上の業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、カーネクストと電話でやり取り

カーネクストは、他店で値段がつかない車も、原則0円以上で買い取ってくれる廃車買取サービスです。

査定依頼は24時間WEB受付中で、20秒の簡単入力で見積りを出してもらえます。

また、車の買取額とは別に、還付金が返ってくるのもポイントです。

面倒な廃車手続きや自動車税の還付手続きは、カーネクストの専門スタッフが無料で代行してくれます。

カーネクストは全国の専門業者と連携しているので、どこでも希望の場所まで車を引き取りに来てくれて、レッカー代も無料です。

サポートも充実しており、専門スタッフが年中無休で対応してくれますよ。

  • 原則0円以上の買取保証
  • 買取額の他に還付金も受け取れる
  • 廃車手続きでは、必要書類を揃えるだけでOK

カーネクストはこちら

 

2位:廃車本舗

リサイクル工場&海外への販売ルート保有で、高額買取が期待できる!
車の買取価格4.0
他社で0円査定だった車にも買値がつく
手間(電話査定可)4.5
専用フォームまたは電話で申し込み
対応スピード4.0
当日または翌日に査定金額を回答
提携査定会社数
※販路として海外輸出事業と連携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車本舗と電話でやり取り

廃車本舗は、事故車、不動車、ボロボロの車、エンジンがかからない車でも、高値で買い取ってくれる廃車買取サービスです。

高額買取が実現する理由は、
国内3ヵ所に自社のリサイクル工場があり、さらにアジア圏を中心に海外への販売ルートを持っているからです。

廃車本舗は自動車リサイクルシステム登録業者なので、適正な廃車処理を行ってくれ、非常に信頼できます。

査定依頼は専用フォームから簡単にでき、情報入力も10秒ほどで済みます。

廃車手続きの代行や車の引取り(レッカー代含む)も、すべて無料。

専門のスタッフが一貫してサポートしてくれるので、初心者でも安心ですよ。

  • 自社の解体工場と海外への販路があるため、高価買取が実現
  • 面倒で複雑な廃車手続きも無料で代行
  • 自動車リサイクルシステム登録業者&手厚いサポートで安心

廃車本舗はこちら

 

3位:廃車ラボ

買取と廃車の2通りから査定してくれる!
車の買取価格3.5
どんな車も引き取ってくれる
手間(電話査定可)4.0
メール・電話・FAXでの問い合わせ
対応スピード3.0
引取りは連絡から3営業日以降
提携査定会社数-(非公開)
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開))
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車ラボと電話でやり取り

廃車ラボは、放置車・不動車・カギなし車・事故車といった、どんな車も引き取ってくれる廃車買取サービスです。

そして、買取と廃車の2通りから査定を行い、より高値で売れるほうを提案してくれるのが特徴です。

ちなみに、
買取は車両の価値から算出し、
廃車は車両(鉄や部品)と還付金(重量税・自賠責保険・自動車税)の価値から算出します。

サービスは完全無料で利用でき、査定依頼はメールまたは電話から、24時間・年中無休で受け付けています。

廃車手続きは、書類の準備と当日の立会いだけでOKです。

公式サイトには、廃車に関する豆知識がたくさん載っており、とても参考になりますよ。

  • 廃車と買取の2通りから査定
  • 廃車手続きは、必要書類の準備と当日立会いだけ
  • サイトには廃車のノウハウが満載

廃車ラボはこちら

 

4位:廃車買取.com

事故車や故障車など、多くの買取実績あり!
車の買取価格3.0
0円以上保証で、高値がつく場合も
手間(電話査定可)4.5
専用フォームから申込み
対応スピード4.0
最短で翌日引き取り
提携査定会社数
※販路として海外業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
メールのみの連絡はなし、廃車買取.comと電話でやり取り

廃車買取.comなら、20年前の車や車検切れの車でも高値がつく場合があり、還付金も返ってきます。

古い車を高値で買い取ってくれる理由は、
全国50箇所に自社の廃車工場があり、海外の業者にパーツやメタル資源として販売しているからです。

廃車買取.comなら、廃車に出すか決まっていなくても、査定だけお願いできます。

公的な資格を持つ査定士が車の価値をしっかり見極め、適正価格を出してくれるのもポイントです。

全国への出張引取り手数料・不動車や事故車のレッカー代・解体費・手続き代行費などは、全て無料です。

さらに、当日の立ち会いができなくても引き取り可能なので、忙しい人でも利用しやすいですね。

  • 低年式や多走行の車、事故車や故障車など、高額買取実績あり
  • 廃車が決まっていなくても、査定依頼してOK
  • 当日立ち合いができなくても、引き取り可能

廃車買取.comはこちら

 

5位:ハイシャル

査定のみOK&無理な営業電話なしの廃車買取サービス!
車の買取価格4.0
どんな車も0円以上で買取保証
手間(電話査定可)4.5
専用フォーム・電話・LINEで申込み
対応スピード4.0
最短で翌日の引き取り
提携査定会社数
販路や運営のため、全国1000社以上の専門業者と提携
最大査定数自社のみ
JADRI提携業者-(非公開)
メールのみの連絡2.0
電話またはメールで、ハイシャルとやり取り

ハイシャルは、女性や年配の人でも安心して利用できる、廃車買取サービスです。

2019年の相談実績は65,000件突破しました。

分かりやすいシステムと専門スタッフによる年中無休のサポートが、ハイシャルの特徴です。

1000社以上の専門業者と提携することで、サービスの全国展開を可能にしています。

エリアや車両状況によっては、午前中の依頼で当日に引き取ってもらえる場合もあります。

ハイシャルは、国内での再販・輸出・マテリアルとしての再利用など、様々な販路を持っているため、どんな車も0円以上の買値がつくのです。

それから、廃車手続きも無料で代行してくれて、還付金も受け取れますよ。

  • 廃車買取に詳しくない人でも、分かりやすいシステム
  • 査定のみOKで、無理な営業電話なし
  • LINEでの査定申込みや相談も可能

ハイシャルはこちら

 

1番おすすめの廃車OKの査定サービスはどこ?

おすすめの廃車OKの査定サービスは、ランキング1位の「カーネクスト」です。

カーネクストは、業界でもトップクラスの廃車買取価格を実現しています。

廃車に高値がつく理由は、海外に独自の販路を持っており、そこに輸出やパーツ資源を販売しているからです。

15年以上前の車・15万Km以上走行の車・車検切れの車・故障車・事故車・不動車などの買い取り実績も多く、安心して査定を任せられますよ。

カーネクストは、専門スタッフが利用者一人一人を最後までしっかりサポートしてくれるため、廃車買取が初めての人でも利用しやすいです。

「売れないだろう」と諦めていた車に、思わぬ買取価格がつくケースもあります。

古い車の処分に困ったら、カーネクストに査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

ランキング1位
カーネクストはこちら

もくじに戻る▲

シエンタの値引きでよくある質問と回答

シエンタの値引きでよくある質問と回答

シエンタの値引きでよくある質問と回答をご紹介します。

Q1.シエンタの値引き価格は、決算期等・購入時期によって変わる?

あまり変わりません。

確かに決算期になると、ディーラーのセールスマンは「決算期なので頑張って値引きします!」とアピールしますが、その分下取り額を相場より安く抑えています。

一方、通常期は決算期ほどの値引きはしませんが、下取り額は相場通りですので、支払い額はあまり変わりません。

よって、決算期だから安くなるということはあまりありません。

Q2.複数のトヨタディーラーで交渉しても問題ない?

特に問題ありません。

トヨタの販売チャンネルはトヨタ店、トヨペット店、ネッツ店、カローラ店の4つがあり、取り扱っている車種が決まっていました。

しかし、現在はすべての販売チャンネルですべてのトヨタ車を取り扱っており、どのディーラーでもシエンタを購入できます。

ですので、複数のディーラーで交渉することは全く問題ありません。

Q3.車を売るか分からなくても、ネット査定できる?

できます。

車を売ることが決まっていなくてもネット査定に申し込むのは特に問題ありませんので、ぜひ利用してみてください。

申し込むと買取店から連絡がありますので、そのまま本査定を受けてもいいですし、その場で断ることもできます。

また、本査定を受けてから車を売るのをやめても問題ありませんので、ぜひ利用してみてください。

Q4.一括無料査定サイトに登録すると、業者から電話がたくさんかかってくるの?

ケースバイケースです。

確かに多くの業者は電話で連絡をしてきますので、これが煩わしいと感じる人も多いと思います。

しかし、最近は変化してきて、連絡はメールに限定しているサイトもありますし、メールの連絡を希望できるサイトもあります。

また買取業者との連絡を代行してくれる一括査定サイトも登場しています。

こうしたサイトを利用すると、買取業者とのやりとりをサイトの担当者がすべて行ってくれますので、利用者は大変楽です。

Q5.査定を受ける前に洗車や車内の掃除は済ませておいた方が良い?

洗車や掃除は済ませておきましょう。

査定の際に担当者はボディや車内の傷を確認しますが、洗車や掃除をしておくと、傷が確認しやすくなります。

また、車を綺麗な状態にしておくことで、買取業者の担当者は「大切に乗っていたのだなあ」と判断しますので、印象がよくなるというメリットもあります。

一方、傷の修理は必要ありません。

車は使っていると多少の傷はつくものですし、小さな傷程度なら査定が下がるということはありません。

また、タッチペンなどで傷の修復をする人もいますが、これも不要です。

Q6.高く買い取ってくれるのはどんな車?

査定がアップするのは走行距離が少ない、人気のボディカラー、人気のオプションが装着されているなどの車です。

走行距離は1年につき1万キロが基本ですので、それ以下の場合プラス査定に繋がります。

次にボディカラーですが、日本ではどんな車種でも無難なホワイト系やブラック系が人気です。

このため、ブラック系やホワイト系は査定額が高くなり、それ以外では下がる傾向があります。

サンルーフや本革シートなどのオプションは人気ですので、査定アップに繋がります。

特に、SUVやミニバンではサンルーフ、セダンやスポーツカーでは本革シートが装着されていると、プラス査定に繋がる傾向があります。

Q7.査定が下がるのはどんな車?

タバコなどの臭いや過走行、事故歴などがあると査定額が下がります。

最近は喫煙率が下がってきていますので、タバコを敬遠する人が増えてきており、少しでもタバコの臭いがする中古車は購入しないという人も増えてきています。

このため、タバコの臭いがする車は査定額が下がることは覚悟しておいた方が良さそうです。

また1年につき1万キロ以上の走行は過走行となります。

こうした車は部品が劣化しており故障する可能性も高くなりますので、どうしても査定額が下がります。

そして最も査定が下がるのは事故歴です。

中古車サイトなどを見ていると、事故歴のある車はとても安く販売されている通り、査定額も大幅に下がってしまいます。

愛車を高く売って
シエンタの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

もくじに戻る▲

まとめ(シエンタの値引き)

まとめ(シエンタの値引き)

さいごに、シエンタの値引きについてまとめます。

シエンタの値引きは10~15%で平均もしくは少し緩い程度だといえますが、誰もが少しでも安く購入したいと考えています。

ただし、安く販売しすぎると、
メーカーの利益を削ってしまうため、「値引きには限界」があります。
たとえ交渉に成功しても、
「相場から数万円のプラス」にしかならないのが実情です。

そこで、シエンタの購入負担を減らすなら、
値引き交渉だけでなく、
古い車を高く売って、購入資金を増やすのがおすすめです。

車を高く売るなら、
ディーラー下取りよりも高く買ってくれる買取専門店を使うのがおすすめです。

ただし、査定方法が違うため、
買取専門店によって査定額は大きく変わります。

(以下、イメージです)

買取業者買取価格
買取業者Aバツ30万円
買取業者B二重丸
60万円
買取業者Cバツ45万円
ディーラー下取りバツ15万円

このように、
値引き額は数万円の差しかありませんが、
買取価格は数十万円の差が生まれます!

この中から最も高い査定額を提示した買取店に売却しましょう。

すると、差額の数十万円も得して、シエンタの購入に回せる可能性があるのです。

ただし、買取店を1店1店巡り、買取価格を聞いて回るのは非常に大変です。

そこでおすすめなのが一括査定サイトです。

無料の一括査定サイトなら、
たった1度の入力で、複数の買取店から見積額が届きます。

その中で、最も高い査定額を提示した業者に売却すれば、より割安でシエンタに乗り換えることが可能になります。

多くの資金をゲットするためにも、無料一括査定を利用して、一番高く買い取ってくれる業者を探しましょう。

値引き交渉と無料一括査定を駆使して、シエンタをお得にゲットしてくださいね。

愛車を高く売って
シエンタの購入資金に!
おすすめ一括査定サービス

「新車が欲しい…」
「手元に資金がない…」
そんな時は一括見積もりで愛車の買取価格を大幅アップ!
無料のネット一括査定はコチラ
「新車が欲しい…」
「手元に資金がない…」
そんな時は一括見積もりで愛車の買取価格を大幅アップ!
無料のネット一括査定はコチラ
タイトルとURLをコピーしました